7月臨時会で物価高騰支援策が決定!

国の地方創生臨時交付金2億3,432万9千円を活用し、市独自の財政出動6億9,982万円を合わせ9億3,293万5千円の支援策がきまりました。

令和4年度成田市7月補正予算

コロナ禍での原油価格・物価高騰に直面している市民や事業者の負担軽減対策として、学生などの若年層の生活を支援するため、市内の協賛店で利用できる商品券を交付するための経費や、売上が減少して国の事業復活支援金を受けた事業者に対し、市が独自で上乗せ給付を行うことに要する経費、また、一般家庭や事業者の負担を軽減するため市が徴収する下水道使用料、農業集落排水使用料、し尿くみ取り手数料を減免するための補正です。


閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2月24日の令和4年成田市議会3月定例会の代表質問より 質問 市役所の中では、紙文書があふれています。それは、共有されているか、利便性はどうなのか、調べるのに時間がかかっていないのか、文書保管の場所がとられていないのかなど、さまざまな問題が発生していると思います。それを有効利用するためにも、過去の紙文書のデータ化を具体的に進めていくべきだと思いますが見解をお聞きします。 答弁 令和4年度を初年度と